アウレオバシジウム(黒酵母)β-グルカンとは


健康を支えるβ-グルカンとは

いつまでも若々しくいられることは「健康」であればこそ可能です。 β-グルカンはその健康を支える成分として、アメリカを始めとする健康先進国で
大きな注目を集めています。

β-グルカンは、食物繊維の仲間で、多糖類の一種です。 β-グルカンには、酵母や糸状菌などの細胞壁にあるものや、キノコ類(アガリクスや霊芝など)に
含まれるものがあります。


アウレオバシジウム(黒酵母)β-グルカンとは

当社の「アウレオバシジウム(黒酵母)β-グルカン」は、黒酵母(学術名:アウレオバシジウム)から得られるものです。
黒酵母を特殊な条件の下で培養すると、ジェル状の物質を生成します。そのジェル状の液体の中に、今注目のβ-1,3-1,6グルカンが均一に、
しかもたくさん含まれています。

 


アウレオのβ-グルカンは自然の培養方法だから身体にやさしい

アウレオバシジウム(黒酵母)β-グルカンは、当社独自のバイオテクノロジーを応用した培養方法で製造しています。そして、化学的な
精製や、人工的な抽出は一切行っていません。

唯一手を加えているのは、高温による加熱殺菌のみです。 したがって黒酵母がつくりだした
そのままの、自然なバランスを壊さない健康補助食品といえます。


黒酵母(アウレオバシジウム)以外のβ-グルカン

キノコから抽出されたものでは、アガリクス、シイタケ、メシマコブやマイタケなどがあり、微生物ではパン酵母
(イースト菌)、またほかにオーツ麦から作られたものなどがあります。

これらの物質からできた製品は、主に粉末状に加工されているという特徴があり、代表的なものは
次のようになります。


【アガリクス】

別名ヒメマツタケ、またはカワリハラタケといい、β-グルカンが摂取できる食品として最も有名な物の一つです。
現在は人工栽培が主流で、子実体や菌子体からβ-グルカンを抽出します。

● アガリクス製品の特徴

アガリクスは、そのまま食べてもβ-グルカンを摂取しにくいので抽出または精製する必要があります。 液状のものもありますが、
粉末状の製品が多数販売されています。


【パン酵母】

パン酵母とは、パンを作る際に使うイースト菌のことです。 通常パン酵母に含まれているβ-グルカンは、
マンノプロテインという硬い層の中にあって人間には消化しきれないため、パンを食べることでは摂取できません。
そこで特殊な技術によりパン酵母からβ-グルカンを抽出精製します。

● パン酵母製品の特徴

β-グルカンの含有度が高く、粉末状で販売されています。 糖鎖はβ1,3-1,6グルカンの分子構造をとります。


【オーツ麦(和名…燕麦)】

欧米ではオートミールとして子供からお年寄りまで広く親しまれている食品です。

● オーツ麦製品の特徴

可溶性食物繊維としてβ-グルカンを5%以上含み、粉末状で販売されいます。